鼻水が黄色くなる原因

鼻水が黄色くなる原因は? 風邪以外にもある? 対処法と共に紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

風邪をひいたときなどに鼻水が黄色くなったという経験をした方は多いと思います。しかし、鼻水が黄色くなるのは風邪のせいだけではありません。病気によっては、耳鼻咽喉科での治療が必要になることもあります。そこで、今回は鼻水が黄色くなる原因とその対処法をご紹介しましょう。

鼻水が黄色くなる病気についての知識があれば、症状が重症化する前に病院に行くことができます。黄色い鼻水が止まらずに困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

鼻水の色が変わる
原因は?

はじめに、鼻水の色が変わる原因をご紹介します。風邪を引くと鼻水が黄色くなるのはなぜでしょうか?

1-1.元々の鼻水の色とは?

健康な状態であれば、鼻水は無色透明で粘度もなくさらさらとしています。つまり、黄色い鼻水が出たり鼻水が粘度を増したりしているときは、体に何らかの不調が起きているのです。

1-2.なぜ、鼻水の色や粘度が変わるの?

鼻水の粘度や色を変えるのは、細菌やウィルス・てウィルスや白血球の死骸です。細菌やウィルスに感染すると、鼻水の粘度が増します。また、ウィルスや細菌が体内に入ると、白血球との戦いが始まるのです。死んだ白血球やウィルス・細菌は鼻水に混じって体外へ排出されます。この時、鼻水が黄色く変わるのです。鼻水が黄色くなるということは、体内でウィルスや細菌と白血球が戦っている証拠。鼻水が黄色くなるのは風邪の治りかけという人もいますが、そうとは限りません。

黄色い鼻水が
出る時とは?

この項では、黄色い鼻水が出る時とはどういうケースかということをご紹介します。風邪の他はなにがあるのでしょうか?

2-1.風邪症候群

風邪は細菌やウィルスの感染によって発症します。そのため、風邪をひけば鼻水は黄色くなるのです。もうすぐ完治すると思って油断をすると、別の感染症を発症することもあるでしょう。

2-2.副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、鼻の横にある副鼻腔という空洞が炎症を起こす病気です。急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の2種類があります。急性副鼻腔炎は濃い鼻水、顔や頭の痛みなどが特徴です。急性副鼻腔炎の治癒が不完全な場合、慢性副鼻腔炎になることがあります。慢性副鼻腔炎は痛みはほとんどありませんが、鼻水や鼻づまりなどが主な症状です。副鼻腔炎は自然治癒しにくいので、耳鼻咽喉科での治療が必要になります。

2-3.副鼻腔炎と風邪の違い

副鼻腔炎と風邪、どちらも黄色い鼻水が出ますが、副鼻腔炎の場合は黄色い鼻水がずっと続くのが特徴です。いつまでも鼻水だけが長引くという場合は、副鼻腔炎を発症している可能性があります。慢性副鼻腔炎になると、鼻づまりだけでなく集中力の低下・口臭などの症状が現れることもあるので注意が必要です。

2-4.副鼻腔炎の治療方法

副鼻腔炎は、耳鼻咽喉科で治療しなければ治りにくい病気です。特に、慢性副鼻腔炎は根気強い治療が必要になります。重症化する前に耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

黄色以外の鼻水が
出る時とは?

この項では、黄色以外の色付き鼻水が出る原因をご紹介します。どんな時に色付きの鼻水が出るのでしょうか?

3-1.褐色や緑色の鼻水が出る原因とは?

褐色やオレンジ色など赤系統の色がついた鼻水が出る場合は、血が混じっているからです。鼻水が絶え間なく出るようになると、鼻をかむ機会も多くなります。すると、鼻の粘膜も傷つきやすくなるのです。緑色の鼻水は、膿混じりのもの。これは、副鼻腔炎の重症化によって出ることがあります。

3-2.褐色や緑色の鼻水が出た場合の対処法

緑色の鼻水が出た場合は、副鼻腔炎が重症化している恐れがあります。病院を受診して治療を受けてください。褐色や赤色の鼻水の場合は、まずは様子を見ましょう。すぐに止まる場合は問題ないケースも多いです。しかし、赤系統の色をした鼻水がずっと出続ける場合は、至急病院を受診してください。どこかから出血し続けている恐れがあります。

黄色い鼻水を
早く止める方法

この項では、黄色い鼻水を早く止める方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1.鼻のかみ方を工夫する

鼻水を力いっぱいかむと、鼻の粘膜が傷つきやすくなります。鼻をかむときは、片方の鼻を手で押さえておき、片方ずつ鼻をかんでいきましょう。鼻をかめないからとすすってばかりいると、副鼻腔炎を発症しやすくなりますので気を付けてください。

4-2.入浴する

入浴すると湿気と温かさによって一時的に鼻づまりが解消して鼻水が止まります。どうしても一時的に鼻水を止めたいという場合に試してみてください。入浴する余裕がない場合は、蒸しタオルを鼻に当てるとよいでしょう。

4-3.体を温める食べ物を食べる

生姜など体を温める食べ物を食べると、風邪の治りが早くなります。ただし、香辛料のとりすぎは粘膜にダメージを与えるので気を付けましょう。

4-4.無理をしない

鼻水が出ているときは無理をしないのが一番です。遠出や人込みへの外出を避けて、安静に過ごしましょう。なお、マスクは万能ではありませんので過信してはいけません。鼻水が止まるまで油断は禁物です。

鼻水にかんする
よくある質問

Q.鼻水で病院を受診する場合、どこの科にかかればいいのでしょうか?

A.耳鼻咽喉科にかかりましょう。子どもや赤ちゃんでも、鼻水がひどい場合は耳鼻咽喉科がおすすめです。

Q.鼻水で病院を受診する目安はどのくらいでしょうか?

A.単なる風邪ならば、1週間もすれば症状が治まってきます。症状が3週間以上変わらなければ病院を受診しましょう。

Q.鼻水を早く止めたいのですが、点鼻薬を利用してもいいですか?

A.市販の点鼻薬を利用する場合は、用法や容量を守って使いましょう。乱用するとドライノーズという症状が出ることもあります。

Q.漢方薬に効果は期待できるでしょうか?

A.体質の改善には効果的といわれています。ただし、漢方薬に即効性は期待できませんので今すぐ鼻水を止めたいという方は、病院の薬を利用しましょう。

Q.副鼻腔炎が慢性化すると自然治癒は難しいのですか?

A.難しいだけでなく、さらに悪化して日常生活に支障をきたすこともあります。早めの治療が大切です。

黄色い鼻水対策
まとめ

いかがでしたか? 今回は、鼻水が黄色くなる原因や対処法をご紹介しました。「鼻水が黄色くなれば風邪の治りかけ」という言葉を信じて無理をしすぎると、症状が悪化します。風邪の完治は鼻水が止まったときと考え、症状が長引く場合は耳鼻咽喉科を受診してください。