鼻水が黄色くなる原因

鼻水が黄色くなる原因は? 風邪以外にもある? 対処法と共に紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

風邪をひいたときなどに鼻水が黄色くなったという経験をした方は多いと思います。しかし、鼻水が黄色くなるのは風邪のせいだけではありません。病気によっては、耳鼻咽喉科での治療が必要になることもあります。そこで、今回は鼻水が黄色くなる原因とその対処法をご紹介しましょう。

鼻水が黄色くなる病気についての知識があれば、症状が重症化する前に病院に行くことができます。黄色い鼻水が止まらずに困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 鼻水の色が変わる
原因は?

はじめに、鼻水の色が変わる原因をご紹介します。風邪を引くと鼻水が黄色くなるのはなぜでしょうか?

1-1.元々の鼻水の色とは?

健康な状態であれば、鼻水は無色透明で粘度もなくさらさらとしています。つまり、黄色い鼻水が出たり鼻水が粘度を増したりしているときは、体に何らかの不調が起きているのです。

1-2.なぜ、鼻水の色や粘度が変わるの?

鼻水の粘度や色を変えるのは、細菌やウィルス・てウィルスや白血球の死骸です。細菌やウィルスに感染すると、鼻水の粘度が増します。また、ウィルスや細菌が体内に入ると、白血球との戦いが始まるのです。死んだ白血球やウィルス・細菌は鼻水に混じって体外へ排出されます。この時、鼻水が黄色く変わるのです。鼻水が黄色くなるということは、体内でウィルスや細菌と白血球が戦っている証拠。鼻水が黄色くなるのは風邪の治りかけという人もいますが、そうとは限りません。