花粉症にヨーグルトは効果的?

花粉症にヨーグルトは効果的?
腸内環境を整えて
つらい症状を予防しよう!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

いよいよ花粉症の季節が到来しました。鼻水やくしゃみが止まらなくて困る、目のかゆみや充血も起こすなど、日常生活で過ごしにくさを感じている方も多いでしょう。花粉症の方は、マスクや家に花粉を持ち込まないなど工夫し、いろいろと対策を講じていると思います。そんな中でも今注目されているのがヨーグルトの花粉症予防、緩和効果です。「ヨーグルトを食べると花粉症にならない?」「なぜ花粉症にヨーグルトが作用するの?」といった、花粉症とヨーグルトの関連は気になることでしょう。

そこでこの記事では、ヨーグルトによる花粉症対策のポイントを紹介します。花粉症に困る前に何か手を打っておきたいという方や、花粉症の症状を軽くしたいと思っている方は、この記事を参考にして食生活に生かしてみてください。

花粉症はひどくなると日常生活にも大きな影響を及ぼします。ぜひ、ヨーグルトによる対策方法を知って対策していきましょう。

01. 花粉症はどんな病気? 

まず、花粉症の症状や原因など、基礎知識からご紹介します。

1-1.花粉症とは? 

花粉症は、アレルギー疾患の1つです。植物による刺激で、鼻腔(びくう)内に炎症を起こし、鼻水やくしゃみ・目の違和感などを引き起こします。季節により、花粉症の原因となる植物は違い、人によっても反応するものが違うのが特徴です。耳鼻咽喉科などで血液のアレルギー検査をすれば、何が原因となっているかが確認できます。

1-2.花粉症の主な症状

主な症状は、鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目の充血や異物感などです。鼻水はさらさらしており、自然と流れ出てくるため、風邪とは違うことがわかります。鼻づまりが続き、頭痛で苦しむ方もいるため、花粉症はとても深刻です。のどが花粉によって刺激され、痛みや咳(せき)が起こることもあります。

1-3.花粉症の主な原因

花粉症の原因となるのは、植物の花粉です。アレルゲンとなる植物の種類は、80種類を超えるとされています。人により、アレルゲンは違うものです。しかし、花粉症を発症した人の8割は、スギ花粉に反応しています。続いて多いのは、ヒノキ・ブタクサ・イネ・ヨモギなどです。それぞれ飛散時期が異なるため、複数にアレルギー反応を示す場合、シーズンをまたいで花粉症の症状を感じることもあります。

1-4.花粉症になりやすい人・体質

花粉症は遺伝的要素もあります。身内に花粉症患者がいる場合、花粉症になりやすい体質を受け継ぐこともわかってきました。また、免疫力が低下している人は注意が必要です。食生活が不規則でバランスが悪く、睡眠が不十分な人は免疫力が低下しがちになります。地域差があるわけではなく、個人の生活環境が花粉症になりやすくする原因のひとつです。

また、花粉を一定量浴びた人が発症するとの説もあります。本来、花粉を浴びても体内で抗体ができ、アレルゲンとして反応しないものです。しかし、一定量を超えた花粉を浴びた人はアレルギー症状を起こし、花粉症を発症します。

1-5.花粉症の季節や特徴

植物の種類によって飛散時期は異なり、11〜1月は飛散量が激減します。一方、飛散する植物が最盛期を迎えるのは、4〜10月です。スギは春先に多く、イネは春以降に増えてきます。2種類以上に反応する方は、暖かい時期に花粉症の症状がひどくなる場合もあるでしょう。