食いしばりの原因・改善・治療5つのポイント

必見! 食いしばりを治療したい人〜原因・改善・治療5つのポイント〜

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

食いしばりのお悩みを抱えていませんか?仕事中やテレビを見ているとき、ゲームをしているときなどに思わず夢中になって「歯を食いしばってしまう」という人は多いものです。また、眠っている間の食いしばりが強いために、朝起きると歯ぐきや顎(あご)が痛いなどの症状を感じている人もいます。食いしばりは、放置すると歯や口くう内以外にも悪影響を及ぼすのです。そこで、ここでは食いしばりの基礎知識や原因・改善や治療方法などをご紹介しましょう。

この記事を読むことで、自分の食いしばりの状態を把握(はあく)できます。また、どのように改善すればいいのかもわかるでしょう。ぜひ、お役立てください。

01. 食いしばりの基礎知識

食いしばりの改善・治療をするために、「そもそも食いしばりとは?」という基礎知識を学びましょう。

1-1.食いしばりとは

「自分でも無意識のうちに、ぐっと強く歯を食いしばるクセがある」という人は少なくありません。このような「食いしばり」は、めずらしいことではなく誰でも行っています。けれども、パソコン仕事をしているとき・テレビを見ているとき・ゲーム中など、始終歯を食いしばるのがクセになっている人は要注意です。

食いしばりは、英語では「クレンチング症候群(Clenching syndrome)」といい、放置すると体のいろいろな部分に支障をきたします。自分で「食いしばり」しているかも……と感じたら、今以上に症状が進まないように改善したり専門医の診察を受けたりなどの対策を取りましょう。

1-2.食いしばりの主な原因

食いしばりには物理的な原因と精神的な原因があるといわれています。

1-2-1.物理的な原因

  • 虫歯で痛みがある
  • 歯の高さが合っていない
  • 仮歯や差し歯などが合っていない
  • 抜きっぱなしの歯があり歯の高さが狂っている
  • 肉体的なストレス(過労・栄養不足・睡眠不足・病気やけがなどで体に痛みがある)
  • 枕の高さがあっていない

1-2-2.精神的な原因

  • 熱中しやすい性格(映画やゲーム・スポーツ・SNSなどに夢中になりやすい)
  • 緊張や不安、心配ごとを抱えている
  • 仕事や人間関係などのストレスがある

1-3.食いしばりになりやすい人とは

「1-2.食いしばりの主な原因」でご紹介したように、歯やかみ合わせなどに問題がある人、肉体的・精神的にストレスを抱えている人は食いしばりになりやすいのです。

1-4.子どもの食いしばりについて

食いしばりは、小さい子どもに多いのはご存じですか? 3歳児では、90%の子どもが食いしばりの症状があるといわれています。さらに、4歳を過ぎると子どもの顎(あご)は成長しますが乳歯はそのままなので歯と歯の間にすき間ができ食いしばりの症状が進むともいわれているのです。また、永久歯が生え始めると、乳歯と永久歯が混ざり、かみ合わせがずれるようになります。そのために、歯ぎしりや食いしばりをすることも多いのです。

そして、ストレスも食いしばりの原因といわれています。「子どもにはストレスがない」と考える人もいますが、実は小さい子どももストレスを抱えることがあるのです。

  • 引っ越しなどで環境が変わった
  • 保育園や幼稚園などに入園した
  • 友達とうまく遊べない
  • 両親が不仲、家庭内がごたついている
  • 下に子どもが生まれた

などで、心にストレスをため込むこともあるのです。