産後の腰痛を改善させるためのポイント

産後の腰痛を改善させるために知っておくべき4つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

新しい命の誕生はとてもすばらしい人生のシーンです。しかし、その一方で、産後の腰痛に苦しんでいるお母さんも多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、産後の腰痛対策方法を紹介します。この記事が産後の腰痛で苦しむお母さんのお役に立てば幸いです。以下のポイントを押さることで、産後のつらい腰痛を解消できるでしょう。

01. 産後に腰痛になってしまうのはなぜ?

腰痛は、産後のトラブルの中でも最も多い症状で、出産を経験した方の20%以上がこの症状に苦しんでいると言います。それでは、産後に腰痛になるのは、どのような原因からなのでしょうか? 一つずつ詳しく見ていきましょう。

1-1.産後は骨盤がゆがみやすい?

産後は骨盤がゆがみやすく、これによって腰痛が起こります。産後は骨盤が広がっており、3~4ヶ月かけて少しずつ元の位置に戻るのが正常です。しかし、妊娠中や産後の過ごし方によって体のバランスが崩れると正しい位置に戻ることができません。これによって骨盤にゆがみが生じ、腰痛が引き起こされてしまうのです。

1-2.妊娠中の運動不足で筋肉量が低下していませんか?

妊娠中の運動不足も腰痛が起こる原因となります。妊娠中は体調変化や安全面への配慮から、体を動かすことが億劫になりがちです。すると、筋力が低下して体をうまく支えることができなくなります。その結果、腰にかかる負担が増し、痛みとして現れるので注意してください。

1-3.子育てによる体の負担が腰痛を招く!

子育てによる体への負担から腰痛が悪化する方も珍しくありません。赤ちゃんの世話をする時は、ついつい前屈みの姿勢になりがちです。さらに、抱っこやおんぶ・授乳などによっても腰に大きな負担がかかります。こうした負担が積み重なり、腰痛が慢性化するのです。

1-4.精神的なストレスが原因となることも!

精神的なストレスも腰痛になる要因の一つです。産後は、慣れない育児と家事の両立に追われ、ストレスがたまりやすい時期でもあります。ストレスによって自律神経に乱れが生じ、筋肉が緊張したり血流が悪くなったりすることで、腰痛となってしまうのです。