坐骨神経痛の症状と原因、痛みを解消するためのベストな方法

坐骨神経痛の症状と原因とは?痛みを解消するためのベストな方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

坐骨神経痛を疑っているなら、その原因や症状について知っておきましょう。坐骨神経痛という言葉を耳にすることはよくあります。しかし、その原因となる疾患については意外と知らない人が多いでしょう。痛む場所は「太もも」や「お尻」など人それぞれ。しびれがある人も多いでしょう。悪化すると日常生活を送ることも困難になるため、早期に対処する必要があります。坐骨神経痛の治し方にはどのようなものがあるのでしょうか? 

  • 坐骨神経痛を疑っている
  • ツボやストレッチによる治療は効果的なのか?
  • 坐骨神経痛の人におすすめのクッションとは?

「坐骨神経痛だろうか…」とお悩みの方は必見です。

01. 坐骨神経痛の症状

坐骨症状といっても、痛みの出る場所や痛み方はさまざまです。主な症状をまとめてみました。

1-1.坐骨神経痛とは?

坐骨神経とは、腰から太ももをとおって足先に伸びる神経のことです。ひざのあたりまでが坐骨神経で、この神経がどこかで障害を受けると痛みが起こります。坐骨神経痛を引き起こす何らかの病気が原因になっていると考えてください。つまり、坐骨神経痛とはその病気の症状であり、病名ではないのです。

1-2.共通の症状

坐骨神経痛の痛み方はそれぞれです。しかし、その中でも共通しているのは、腰やお尻、太ももの裏、ふくらはぎ、すねにかけて走っている坐骨神経に沿った部分に、鋭い痛みやしびれが現れること。一部分だけが痛むこともありますし、全体的に痛みがある場合もあるでしょう。

1-3.痛みの特徴

坐骨神経痛の痛み方には特徴があります。たとえば、動かすと痛みやしびれが悪化すること、痛む部分に冷感やだるさ、灼熱(しゃくねつ)感があることなど。悪化すると足が激しく痛み、歩行困難になる場合もあるでしょう。安静にしていても痛みが治まらないため、不眠になる人も少なくありません。「お尻が痛くて座っていられない」「足に力が入らなくなる」などの症状があるときは、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。