歯茎・歯肉マッサージの効果

健康・美容にも! 歯茎・歯肉マッサージの効果・やり方を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歯が抜ける原因というと真っ先に虫歯を思い浮かべる方が多いと思いますが、歯周病も進行すると歯が抜けてしまう病気です。歯周病は歯肉の炎症から始まる病気で、30代~50代の約8割が発症しているといわれています。そんな歯周病の予防効果が期待できるのが、歯茎と歯肉のマッサージです。

そこで今回は、歯茎や歯肉をマッサージする方法やその効果についてご紹介しましょう。

歯茎や歯肉のマッサージを定期的に行っていれば、小顔効果や肩こり解消効果も期待できます。歯茎や歯肉の健康が気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 歯茎の役割と歯周病の怖さについて

歯茎と歯肉のマッサージ方法を紹介する前に、歯茎の役割と歯周病の怖さについてご説明します。歯の健康ももちろんですが、歯茎の健康も大切なのです。

1-1.歯茎の役割とは

歯茎は、歯を支える土台の役割を担っています。年を取ると歯が弱って硬い食べ物が食べられなくなるとよく言われていますが、これは歯そのものが弱っているからではありません。歯を支える歯茎が弱っているので硬い物がかめなくなるのです。

1-2.歯茎が弱るとはどういうこと?

私たちが食事をすると、口の中に食べかすが残ります。この食べかすはある程度は唾液によって洗い流されますが、取りきれなかった汚れが口の中に必ず残るのです。この汚れが堆積するとプラーク(歯垢)になります。プラークは口の中に住む細菌の繁殖場所になり、歯肉に炎症を起こす原因にもなるのです。歯茎が弱るということは、プラークによって歯肉が炎症を起こしていること。この状態が進むと歯周病を発症します。

1-3.歯周病セルフチェック

  • 歯肉の色が赤黒くなっている
  • 歯肉が腫れぼったくなり、歯と歯の間にある歯肉が膨れているように見える
  • 歯磨きをすると歯肉から出血する
  • 歯がぐらぐらしてきた
  • 硬い物がかみにくくなってきた
  • 起床直後は、口の中がねばねばして気持ち悪い
  • 口臭の強さを指摘されることが増えた

このような項目に当てはまる方は、歯周病が進行している可能性があります。至急歯科医院を受診しましょう。

1-4.歯周病が進行するとどうなるのか

歯周病の初期は歯肉が腫れる程度で、痛みもそれほどありません。しかし、放置していると歯肉の奥まで菌が入りこみ、歯の根っこを溶かしてしまいます。こうなると、歯が抜けてしまうのです。現在、日本では虫歯よりも歯周病で歯を失う人の方が多いといわれています。

また、今は歯が抜けても人工の歯を歯茎に装着するインプラントという技術がありますが、歯周病で歯茎弱っていれば行えません。さらに、一本歯が抜けるとその周りの歯が抜けた部分に片寄ってきて、抜けやすくなってしまいます。

1-5.歯周病が進行しやすい生活習慣とは?

歯周病は30代以上の人で約8割が発症しているといわれています。しかし、症状の進み方には個人差があり、生涯軽い歯肉の炎症で済む方もいれば、早い年代で歯が抜けるまで症状が進行する方もいるのです。進行の進み具合は、歯磨きの仕方もさることながら歯茎の血行も関係してきます。

たとえば、喫煙をしていると歯周病が進行しやすいのですが、これはタバコの成分が血管を収縮させて歯茎の血流が滞るからです。この他、口呼吸をしていると口の中の唾液が減ってドライマウスと呼ばれる症状になります。こうなると口の中により細菌がたまりやすくなり、歯周病が進行しやすくなるのです。

  • 喫煙をしている
  • 歯磨きはいつも1分以内である
  • 夜、歯を磨かずに寝てしまうことが多い
  • 口呼吸である
  • 常に強いストレスを感じている

このような生活習慣がある方は、歯周病が重症化しやすいでしょう。

1-6.歯と健康の関係

を失うと、硬いものがかめなくなります。今は入れ歯の技術も発達してきましたが、それでも自分の歯と全く同じというわけにはいきません。不具合が起こることもありますし、食べ物の味がしなくなったと訴える方もいます。また、高齢になっても自分の歯がたくさん残っている人ほど健康で、要介護状態になりにくいのです。ですから、内臓や脳と同じように歯の健康にも気を配る必要があります。