しつこい肌荒れを改善したい! スキンケアと生活習慣で撃退しよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

赤ちゃんのようにみずみずしくスベスベの素肌は、女性の憧れですね。でも、年を重ねるごとに肌の潤いが減り、肌荒れに悩まされる人も増えているではないでしょうか? 肌のトラブルの原因は、乾燥だけではありません。季節や体調によっても変化がある肌荒れは、まず原因を知ることが改善の第一歩です。この記事では、肌荒れの原因や改善対策についてご紹介します。

この記事を読めば、肌荒れを改善するヒントが得られます。気になる症状に合わせて毎日の生活に取り入れて、肌荒れの悩みとはサヨナラしましょう。

01. 肌荒れについて

肌(皮膚)は全身を覆い、外界からの刺激から体を守り、体内の環境を一定に保つ働きがあります。人間一人分の皮膚を1枚にして広げると、その面積は約1.6m2もあり、人体で最も大きな臓器でもあるのです。では、その肌が「荒れる」とはどういう状態なのか、詳しく見ていきましょう。

1-1.肌荒れとは

肌は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という層になっています。一般的に「肌荒れ」とは、一番外側の表皮にトラブルがある状態のことです。
表皮は新陳代謝により常に新しく生まれ変わっています。これをターンオーバーといい、健康な状態では新しい皮膚細胞が生まれてから垢として剥(は)がれ落ちるまでに、約28日かかるのです。正常な肌は、表面のきめがそろった滑らかな状態を保ち、外界からの刺激を遮断し体内の水分などを守るバリア機能が働いています。ところが、肌荒れを起こすと、このバリア機能が失われて、さまざまなトラブルを起こすのです。

1-2.肌荒れの主な症状、4つの傾向と発症部位

肌荒れの主な症状は、肌のかさつきや赤み、かゆみなどです。湿疹などができることもあります。以下に主な症状をピックアップしました。

  • 乾燥:頬の表面がかさつき、角質がはがれやすい状態。洗顔後につっぱる症状が出やすい。肌のごわごわ感やかゆみを感じることもある
  • 紫外線:赤みや乾燥で、皮膚に潤いがなくなる。過度に強い紫外線を浴びると、ほてりを感じ、水ぶくれを生じることもある
  • 湿疹:頭部や顔に赤い炎症や、黄色っぽいフケのようなカサカサを生じる。慢性のアトピー性皮膚炎では、皮膚が黒ずんだり硬くなったりする
  • 化粧かぶれ:顔面や首に、赤み・腫れ・かゆみ・痛みなどの異常を生じる。季節の変わり目や化粧品を変えたときに起きることが多い

1-3.なりやすい人、季節など

乾燥による肌荒れは、空気が乾燥する冬に多い傾向があります。しかし、夏でもクーラーが効いた部屋に長時間いると、肌の乾燥トラブルを招くので注意が必要です。湿疹は春や夏など湿度と温度が高く汗をかきやすい季節に多く、紫外線は春から夏にかけて多いトラブルといえます。
肌荒れになりやすい人は、もともと肌の弱い人や皮脂の分泌が少ない乾燥肌の人、アトピーなどアレルギーを持っている人です。

1-4.放置するとどうなるか

肌荒れを放置すると、炎症などがひどくなります。結果として、新陳代謝による肌の再生が間に合わず、治るまでに時間がかかってしまうのです。また、肌荒れの症状は改善しても、毛穴が開いたままになったり、乾燥からシワを生じたり、ニキビ跡がしみになったりする可能性もあります。特に30代・40代以降の年代は、若いころと違って新陳代謝の機能も衰えてくるので、要注意です。