顔のたるみ・ほうれい線の改善方法

顔のたるみやほうれい線に悩んでいる方必見! 改善方法を紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

鏡を見ていて「最近、ほうれい線が目立ってきた」とショックを受けたことはありませんか?  年を取るとしわができたり顔にたるみが出てきたりします。年のせいだからといってしまえばそれまでですが、スキンケアや生活習慣・食生活次第である程度の改善は可能です。また、美容医学の力を頼れば大幅な改善も期待できます。

そこで今回は、顔のたるみやほうれい線など年齢を感じさせる症状のケア方法をご紹介しましょう。日常生活で顔のたるみ予防に効果のあることなどもご紹介します。

日頃から予防ケアを行っていれば、いつまでも若々しい顔立ちでいられるでしょう。そろそろ顔のたるみが気になり始めたという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 顔のたるみはなぜ起こる?

はじめに、顔のたるみが起こる原因や起こりやすい部位、顔のたるみやすい人の特徴などをご紹介します。なぜ、顔のたるみには個人差があるのでしょうか?

1-1.顔のたるみ・ほうれい線の原因

ほうれい線が深くなる原因にはさまざまなものがあります。一体、どのようなことが原因となっているのでしょうか? 代表的な3つの原因を紹介します。

1-1-1.表情筋の衰えで顔がたるむ

ほうれい線が目立つ原因としてあげられるが、表情筋の衰えによる肌のたるみです。日頃、表情を表に出さない生活をしていると、表情筋が使われず、次第に顔の筋肉が衰えてきます。すると、表情筋の上にある皮膚や皮下脂肪を支えられなくなり、頰が垂れ下がってしまうのです。その結果、ほうれい線が目立ちやすくなります。

1-1-2.肌の老化でハリがなくなる

肌の老化もほうれい線が目立つ原因です。その理由は、肌の老化が進むと、肌のハリや弾力が失われていきます。肌のハリがなくなることで皮膚がたるみ、ほうれい線が目立ってくるのです。

1-1-3.肌が乾燥して収縮してしまう

ほうれい線は肌の乾燥によっても引き起こされます。肌が乾燥して潤いがなくなると、キメが乱れて小じわが発生しやすくなるのです。肌が乾燥した状態が続くことでしわが深くなり、ほうれい線が目立ってしまいます。

1-1-4.顔の骨格がずれている

顔のゆがみによってほうれい線が深くなっていることも考えられます。顔の骨格は日頃の生活習慣によって少しずつゆがんでしまうのです。鏡を見てほお骨の高さが左右で異なるという場合には、顔の骨格がゆがんでいる可能性があります。

1-2.肌の弾力がおとろえる原因とは?

肌の弾力のおとろえは、顔がたるむ一番の原因です。肌の弾力は加齢と共に失われていきますが、その他にも

  • 紫外線の当りすぎ
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 肌の乾燥

などの原因があります。紫外線が肌に悪いのは広く知られているので、紫外線対策を行っている方は多いでしょう。しかし、食生活や生活習慣となると無頓着な方も多いと思います。つまり、これらのことに気を配れば肌のたるみを予ある程度防できるのです。

1-3.顔がたるむとどうなるの?

顔がたるむと皮膚が重力に沿って下の方へ引っ張られたような状態になります。すると、

  • 二重あごになる
  • 首にしわができる
  • ほうれい線深くなる
  • まぶたが下がって目が小さく見える

このような状態になりやすいのです。これらが顔や首にでると老けて見られることも多くなるでしょう。

1-4.たるみが出やすい部分

顔の中でたるみが出やすい部分は、

  • 目元
  • ほほ
  • 口元
  • 輪郭

です。とくに、輪郭がぼやけてきたなと思ったら要注意。二重あごまで秒読みです。

1-5.顔のたるみが出やすい人の特徴

年を取れば、誰でもある程度顔がたるんできます。しかし

  • 屋外で長時間過ごすことが多いなど、紫外線を浴びやすい人
  • 乾燥肌の人
  • 食生活が外食やコンビニ弁当・お惣菜が中心の人
  • 夜更かしをすることが多い人
  • 姿勢が悪い人
  • 人と接することが少ない人

このような方は年齢が若いころからたるみが出たり、同年代の方よりもたるみが大きくなることがあります。

1-6.顔がたるむまでのメカニズム

肌は、表皮・真皮・皮下組織という3つの部分に分かれています。この中の真皮という部分には、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸という肌の弾力を作る物質が蓄えられているのです。しかし、年を取るにつれてこのコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸が真皮から失われていきます。そのため、肌が弾力を失ってたるみが生まれるのです。加齢以外にも、生活習慣や食生活の乱れ・紫外線の当りすぎなどでもこれらの物質は失われていきます。