歯垢の除去はどうすべき? プラークコントロールをするための知識

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

プラークと呼ばれている歯垢(しこう)は、虫歯や歯周病の原因です。歯垢が付着して時間が経(た)つほど、石灰化します。歯垢が石灰化したものを歯石と言い、除去しにくくなるのです。プラークはコントロールすることで、虫歯や歯周病などを防ぐことができます。では、どうすれば、歯垢を除去でき、効果的な予防ができるのでしょうか。本記事では、歯垢の基礎知識やセルフチェック・除去法・予防策・歯医者の選び方について説明します。

この記事を読むことで、歯垢を除去するために必要な知識を身につけ、効果的な予防をすることができます。歯垢の除去について知りたい方や歯周病が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

01. 歯垢の基礎知識

歯垢を取りのぞくためには、それがどういうものなのか知識を身につけておかなければなりません。ここでは、概要や原因・歯石との違い・問題点・たまりやすい人について説明します。

1-1.どんなものか

歯垢はプラークと呼ばれており、細菌の塊です。食べかすが集まってできたもの、と思われがちですが、まったく別ものになります。歯垢は、細菌と代謝物の塊で、歯の表面に付着する白色・黄白色のネバネバとした物質です。通常、細菌は歯に付着しても多くは唾液で流されます。しかし、付着した場所や口腔(こうくう)環境によっては、唾液で流すことができず、その場で増殖を始めてしまうのです。プラークには、1mgにつき約1億以上の細菌が含まれています。

1-2.できる原因・できやすい場所

歯垢ができるのは、食後8時間後と言われています。ほとんどの歯垢は唾液が流してくれますが、歯磨きを怠ってしまうと歯垢が硬くなり、なかなか除去できなくなってしまうのです。さらに、甘いものや油ものばかり食べていると、除去しにくい場所に付着してしまいます。歯垢ができる原因は、歯磨きの仕方や生活習慣に原因があると言えるでしょう。
歯垢ができやすい場所は、主に5か所あります。歯と歯の間、奥歯のかみ合わせ、歯と歯茎の境目、抜けた歯のまわり、歯と歯が重なったところです。これらの場所は、入念に歯磨きをしなければなりません。

1-3.歯石との違い

歯垢の付着が進行して硬くなれば「歯石」になります。磨き残した歯垢が、唾液中に含まれているミネラルと結合して硬くなる仕組みです。歯垢が付着して約2日間で歯石になると言われています。歯石に進行してしまえば、歯磨きや唾液で取りのぞくことはできないため、歯医者で除去してもらうことになるでしょう。

1-4.歯垢の問題点

歯垢は、虫歯・歯周病・口臭の原因です。歯垢の中に含まれている細菌は、食べものの糖分を栄養源にして増殖し、歯石になります。ネバネバした物質をつくり出し、歯の表面に強い力で付着するため、できるだけすぐに取りのぞかなければなりません。細菌が増殖するほど虫歯菌も増え、歯周病も進行してしまいます。また、ネバネバした物質からひどい臭いが発生するのです。虫歯・歯周病・口臭を改善するためには、歯垢を取りのぞくことが大切でしょう。

1-5.たまりやすい人

歯垢がたまりやすい人は、食生活や生活習慣が乱れている人に多い傾向があります。歯垢は、糖分を栄養分として増殖するため、ファストフードやコンビニ弁当・お菓子・レトルト食品ばかり食べている人ほど、たまりやすいのです。また、歯磨きのやり方が悪ければ、歯垢がたまりやすくなるので気をつけなければなりません。