子供の虫歯は早期治療が大切! 治療法や予防法・歯科選びについて

子供の虫歯は早期治療が大切! 治療法や予防法・歯科選びについて

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

子供の乳歯に虫歯ができてしまった場合、すぐに治療を始めなければなりません。乳歯は、永久歯よりも虫歯のリスクが高まると言われています。虫歯になりやすい傾向があるからこそ、きちんと予防法も把握することが大切です。応急処置や対処法を間違えてしまえば、さらに状態が悪化してしまいます。どう対処すればいいのか不安になりがちですが、きちんと知識を持っておけば適切な対処ができるでしょう。そこで、本記事では、子供の虫歯の基礎知識や正しい応急処置・治療法・予防法などについて説明します。

この記事を読むことで、子供の歯が痛いときの対処法や適切な治療法が分かります。子供が痛がっている場合や対処法が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

01. 子供の虫歯の基礎知識

子供の虫歯を治すためには、虫歯の基礎知識を深めておかなければなりません。どんな状態が虫歯になるのか、子供の虫歯や虫歯になりやすい歯について説明します。

1-1.虫歯とは

虫歯といえば、「歯に痛みが走る」とイメージする方が多いのではないでしょうか。歯に痛みを感じるのは、刺激に敏感な象牙質(ぞうげしつ)が虫歯菌に侵されている証拠です。虫歯菌と呼ばれる細菌に感染し、時間が経過するほどに歯が溶けていきます。虫歯菌は自然となくなるものではないため、治療しない限りどんどん進行するのです。

1-2.子供の虫歯について

子供の歯は、永久歯ではなく乳歯です。乳歯は成人の歯よりも質が弱く、虫歯になりやすい傾向があります。乳歯が抜け生え変わった若い永久歯も同じです。基本的に、歯の表面はエナメル質と呼ばれる組織でおおわれており、カルシウムで構成しています。しかし、子供の歯はカルシウム分が少なく、虫歯菌から守るエナメル質や象牙質が未熟です。だからこそ、大人とは違う治療法や口腔(こうくう)ケアを行う必要があります。

1-3.虫歯になりやすい歯とは

虫歯になりやすい歯は、エナメル質や象牙質におおわれていない歯です。乳歯の特徴に当てはまりますが、きちんと正しい歯磨きやケアをしておけば、エナメル質・象牙質を保護できます。虫歯になりやすい歯は、正しいケアや歯磨きをしていない・食事の摂(と)り方・炭水化物や糖分の過剰摂取などが多いのです。