歯の黒ずみを除去しよう! 知らないと損する6つの原因とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歯が黒ずんでしまっていて困っている方が非常に多いようです。除去しようと歯磨きをいくらしても取れなかったり、それどころか余計に汚れがひどくなったりすることも珍しくありません。黒ずんだ歯は見た目が悪く、どんなにおしゃれしてもそれだけで台無しになってしまいます。初対面の相手などには、不潔なイメージを持たれてしまうことも多いでしょう。できれば、そのような事態は避けたいところですよね。そこで、今回は歯の黒ずみに関する基礎知識をご紹介します。

この記事を読むことで、歯の黒ずみの原因を知ることができます。また、黒ずみを除去する方法などについても触れていますので、ぜひお見逃しなく!

01. 歯の黒ずみの原因について

1-1.歯の黒ずみについて

時々、歯が黒ずんでしまうことがあります。黒ずみやすい場所は、歯の根元や歯間、傷のある場所、歯の裏側などです。原因を押さえて、黒ずみを除去・予防しましょう。

1-2.考えられる原因

1-2-1.ヤニや紅茶などによる着色

タバコのヤニや、紅茶やコーヒーなどに含まれるカフェインやタンニンなどは歯を着色させてしまいます。特に、タバコのヤニが原因で黒ずむ方が非常に多いようです。

1-2-2.歯の神経が死んでいる(神経がない)

歯の神経が死ぬと、根が腐った木のように水分を失って黒ずんでしまいます。

1-2-3.虫歯になっている

虫歯になると、患部が黒ずみます。多くの場合、痛みも伴いますので、わかりやすい原因です。自然に治ることがないため、虫歯だとわかったら放置せずに歯科医師へ相談しましょう。

1-2-4.詰め物が劣化している

虫歯などの治療で使われる詰め物は、3~4年程度の寿命しかありません。寿命が過ぎると黒ずんでしまうことがあります。詰め物を除去しましょう。新しい詰め物を入れる際には、セラミックを選択すると黒ずみにくいのでおすすめです。

1-2-5.歯石

歯石とは、歯垢(しこう)が唾液の成分で固まったもののことをいいます。本来、歯垢(しこう)は乳白色をしているものです。しかし、歯周病が進んでいる方の場合、歯茎から出た血も一緒に固まります。そのため、どす黒いような色になってしまうのです。

1-2-6.銀歯が溶けている

銀歯は唾液などが原因でイオン化して流れ出ていきます。流れ出た金属イオンが歯や歯茎に浸透して黒ずんでしまうのです。

1-3.子供の場合

子供の歯が黒ずむ原因は、多くの場合は虫歯です。しかしながら、幼い子供は抗生物質などを服用すると歯が黒くなる場合があります。また、妊婦の方も、抗生物質が原因で黒ずむことがあるようです。