歯が割れる症状・原因とは? 正しい対処法・治療法を徹底解析!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歯が割れると、場合によっては抜歯しなければならなくなってしまいます。抜歯の原因は、虫歯と歯周病が代表的ですが、これらに次いで多いのが、歯が割れることです。1度、歯が割れてしまえば、治療期間が長引き、歯の寿命が短くなってしまいます。もとの歯を取り戻すためには、歯が割れたときの正しい対処法や治療法を知っておかなければなりません。そこで、本記事では、歯が割れる状態・主な原因・対処法と治療法について説明します。

この記事を読むことで、歯が割れる原因や正しい対処法などが分かります。治したい方は、ぜひ参考にしてください。

01. 歯が割れるとは

歯が割れるときは、何かしらの原因があります。まず、割れ方や主な症状についてチェックしておきましょう。

1-1.どういうことか・割れ方について

歯が割れることを、歯の破折(はせつ)、もしくは歯牙破折(しがはせつ)といいます。歯を永久に失うかもしれない状態なので、早めに治療を施さなければなりません。
歯の破折には、歯冠破折(しかんはせつ)と歯根破折(しこんはせつ)の2種類があります。歯冠破折は歯の見えている部分が割れること、歯根破折は歯の根の部分が割れることです。歯がどのような割れ方をしているのかによって、治療法が異なります。

1-2.主な症状

歯が割れたときは、いろいろな症状が出てきます。以下のような症状が現れているのなら、割れている可能性が高いので気をつけてください。

  • 歯がしみる
  • 歯が痛い
  • アゴを動かしたり、かんだりすると痛い
  • 歯茎(はぐき)がうずく
  • 歯茎(はぐき)が腫れる
  • 歯がぐらぐらする
  • 頭痛がする

食べカスや細菌が割れた部分から入り、痛みを引き起こすことがほとんどです。激痛が伴うこともあるため、痛みを感じたらすぐに受診してください。また、上アゴの奥歯が割れている場合、細菌が上顎洞(じょうがくどう)に感染し、炎症を起こす可能性があります。歯の痛みだけでなく、頭痛が長引くこともあるので要注意です。