歯を失う原因について知りたい! 虫歯以外にも原因はあるの?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

歯が丈夫な人は長生きをする。そんな話を聞いたことはありませんか? 歯の丈夫さと健康は密接な関係があります。80歳まで20本の歯を残そうという8020運動も提唱され、実施している自治体も多いでしょう。しかし、実際は40歳を過ぎると徐々に歯を失っていく人が増えます。なぜ、歯は失われてしまうのでしょうか?
そこで、今回は歯を失う原因やそれを防ぐ方法を紹介します。

  1. 歯の役割と健康との関係
  2. 歯を失う原因とは?
  3. 歯周病のセルフチェック
  4. 歯を失わないためにできること
  5. 歯を失う原因や予防方法に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、歯を失わないために今からできることも、よく分かるでしょう。歯の健康が気になるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 1.歯の役割と健康との関係

はじめに、歯の役割や健康への影響を解説します。歯と健康にはどのような関係があるのでしょうか?

1-1.歯の役割

歯の役割といえば、食べものを噛むことが第一にあげられます。それ以外にも、

  • 発音を助ける
  • 表情を美しく保つ
  • 体に力を入れやすくする

といった役割があるのです。歯がなくなると発音が不明瞭になり、顔も一気に老けて見えます。また、力を入れるときは無意識に歯を食いしばるので、歯がなくなると体をうまく使えなくなるでしょう。さらに、歯がなくなるとものがうまく噛めなくなり、味覚も低下します。

1-2.健康との関係

前述したように、歯がなくなるとものをうまく食べることができなくなります。入れ歯を使用しても、元の歯と同じようにとはいきません。そのため、食が細くなり健康に悪影響がでることもあるでしょう。また、歯のかみ合わせがうまくいかないと、あごや首は頭を支えるのに余計な力を使います。その結果、頭痛や肩こりといった体の不調に悩まされることもあるでしょう。

1-3.8020運動とは

8020運動とは、「80歳までに20本以上の歯を保とう」という運動です。平成元年度より厚生労働省と日本歯科医師会が提唱し、始まりました。80歳まで20本以上の歯があれば大抵の食物がおいしく食べることができることから、若いころから口腔ケアに務め、歯を大切にしようという運動です。つまり、口腔ケアを適切に行っていれば、歯が抜けるのをある程度防ぐことができます。