なぜか同時に痛くなる? 今すぐ治したい歯痛と頭痛の対処法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

あるとき突然歯痛になって、せっかくの楽しい予定が台無し、なんて経験はありませんか? 仕事や家事に支障をきたし、憂鬱になる歯痛はすぐにでも直したいものですね。しかも、多くの人が、歯痛と頭痛が同時に起こる経験をしています。どちらもごくありふれた症状ですが、いつもの痛みだと思い軽く見ていると、重大な病気が潜んでいる可能性もあるのです。この記事では、歯痛と頭痛の関連に着目し、少しでも早く治したい歯痛と頭痛の対処法をご紹介します。

歯痛を起こしやすい人は、日頃からの備えが大切です。この記事を参考に、痛みにどう対処したらいいか知識と行動力を養いましょう。

01. 歯痛と頭痛の関連

歯痛になると頭まで痛くなることがあります。それはなぜなのか、まずは、歯痛と頭痛について知りましょう。

1-1.歯痛とは

歯痛は主には虫歯が原因で起こります。虫歯になると、増殖した細菌が酸を作って歯を溶かして神経を侵したり、歯茎に炎症を起こしたりして痛みを感じるのです。また、かみ合わせや歯並びが悪いことで歯茎が圧迫・摩擦され、歯周ポケットに炎症が起こることもあります。

1-2.歯痛と頭痛は併発する?

歯が痛くなると頭痛を感じたり、逆に、先に頭痛を感じ、歯まで痛くなったりしたという経験はありませんか? どちらが本当の原因かがわからないと、見当違いな治療をしてしまうこともあります。なぜ併発するのか、原因を知ることが大切です。

1-3.歯痛と頭痛が同時に起きるメカニズム

歯痛と頭痛が同時に発症するのは、歯やあご周辺の筋肉や神経が肩・首を通して頭部につながっていることが関係しています。一方に痛みがでてバランスが崩れると、他方にも影響してしまうのです。たとえば、虫歯やあご周辺に疾患がある場合には、痛みを避けて食べ物を咀嚼(そしゃく)しようとすることから、無理な力が継続的に加わります。その結果として、肩や首のこりや、こめかみ近くの側頭筋の疲労を生み、頭痛に至るケースがあるのです。