虫歯と口臭の関係は深い!口臭の悩み解決のためにできることは?

シェアする

「自分の口臭が気になる」「口臭をなくすためにはどうすればよいのか?」と悩んでいる人は多いと思います。口臭は誰でも気になるものです。原因を突き止め、口臭を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。実は、口臭の原因の一つに虫歯があります。口臭を改善するためにも早めに虫歯を治療しましょう。

この記事では、口臭と虫歯の関係や最近の虫歯治療法・口臭予防のためにできることなどをまとめてご紹介します。

  1. 虫歯と口臭の関係
  2. 虫歯を治療して口臭をなくそう
  3. 虫歯と口臭予防について
  4. 虫歯と口臭に関するよくある質問

この記事を読むことで、なぜ虫歯が口臭の原因になるのか、虫歯治療の重要性や歯科の選び方などが詳しくわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.虫歯と口臭の関係

まずは、虫歯が口臭の原因になるメカニズムや、虫歯による口臭の特徴などをご紹介します。

1-1.なぜ虫歯が口臭の原因になるのか?

虫歯が口臭の原因になる理由はいくつかあります。まず、虫歯になり歯に穴が空(あ)くとそこに食べカスがたまり、虫歯菌が増殖してしまうのが原因の一つです。また、虫歯を放置すると歯の神経が腐敗し、強い悪臭が発生することもあります。神経まで達した虫歯菌によって化膿(かのう)して膿(うみ)がたまってしまい、そこから悪臭が発生してしまうのです。

1-2.虫歯が進行すると口臭も強くなる

小さな虫歯で強い口臭が発生することはありません。虫歯が進行するにつれて口臭も強くなってくるのが特徴です。また、神経の腐敗が原因の場合は強烈な臭いになるため、そうなる前に早めの虫歯治療が必要になるでしょう。

1-3.口臭をチェックする方法は?

口臭は自分ではわかりにくいものです。自分の口臭がどの程度かを知るためには、一体どうしたらよいのでしょうか。おすすめのチェック方法には、以下のようなものがあります。

  • 唾液の臭いを嗅いでみる
  • コップの中に息を吐いて臭いを嗅いでみる
  • ガーゼなどで舌を拭き取り、臭いを嗅いでみる
  • 歯の間に通したデンタルフロスの臭いを嗅いでみる

2.虫歯を治療して口臭をなくそう

虫歯を治療する重要性や治療方法・治療にかかる費用などについてまとめました。

2-1.虫歯治療がいかに重要か

虫歯になると痛みや違和感があり、日常生活にもさまざまな支障が出ます。虫歯を治療することで不快な症状が改善されるだけでなく、口臭や歯周病も予防できるのです。神経が死んでしまうと痛みなども感じなくなるため、治療せずに放置してしまう人も少なくありません。しかし、痛みはなくなっても確実に悪影響をもたらすことになるということを覚えておきましょう。

2-2.治療法は虫歯の進行度によって決まる

虫歯がどの程度進行しているかによって治療法が決まります。ごく初期の虫歯であれば再石灰化による自然治癒が期待できるため、歯みがき指導やフッ素塗布などが行われる場合もあるでしょう。自然治癒が期待できない場合は、虫歯を削って詰めものをする治療法が一般的です。歯の欠損が大きければ、ブリッジや入れ歯・インプラントなどが行われます。虫歯が神経まで達している場合は、歯を削って神経を除去する根管治療が必要になるため、麻酔の使用が必要です。最近はできるだけ自分の歯を残すことを目的として、マイクロスコープを用いた根管治療を行う歯科もあります。

2-3.歯科選びのポイントを紹介

歯科は単に「家から近い」というだけでなく、さまざまなポイントを押さえた上で選ぶことが大切です。歯科選びのポイントをまとめたのでぜひ参考にしてください。

  • 治療の説明をきちんとしてくれるか
  • 院内が清潔であるか
  • 料金体系がわかりやすいか
  • できるだけ歯を残そうとしてくれるか
  • 質問に対して明確に答えてくれるか

2-4.親知らずは口臭の原因になりやすい

親知らずは斜めに生えてくることが多く、虫歯になりやすい歯です。口臭が発生する可能性が高くなるため、抜歯を検討したほうがよい場合もあります。親知らずが生えてきたら放置せず、できるだけ早めに歯科を受診して相談するのがおすすめです。

3.虫歯と口臭予防について

口臭の原因になる虫歯を予防するためにできることや注意点をまとめました。

3-1.自分でできることもある

虫歯を予防するために自分でできることには、以下のようなものがあります。

3-1-1.プラークコントロール

虫歯予防で最も大切なのが、プラークコントロールです。プラークとは歯の表面に付着する歯垢のことで、虫歯や歯周病の原因になります。プラークを除去したり付着しにくくしたりすることをプラークコントロールといい、具体的には以下のような方法で実践可能です。

  • 毎日の正しい歯みがき
  • 歯間ブラシやデンタルフロスの使用
  • フッ素入り歯磨き粉や洗口剤の使用
  • バランスのよい食事や甘味(かんみ)制限などの食事コントロール

3-2.食事はよく噛(か)んで

食べものをよく噛(か)むことで唾液の分泌量が増えます。唾液には歯のエナメル質を再石灰化する働きがあるため、虫歯の進行を防ぐことが可能です。よく噛(か)んでゆっくり食事をとるように心がけましょう。

3-3.予防歯科の重要性

予防歯科とは、虫歯を未然に防いで口の中を健康に保つために行うメンテナンスのことをいいます。最近は予防歯科に力を入れている歯科も増えてきており、定期的に受診して検診やメンテナンスを受けることがすすめられているのです。口臭を予防するためにも、予防歯科の重要性を理解することをおすすめします。

3-4.病気が原因の場合もある

口臭の原因が虫歯ではなく、何らかの病気である可能性も考えられます。口腔がんや蓄膿症・咽頭炎・消化器系の病気などが口臭を引き起こすこともあるため、十分注意が必要です。病気の可能性がないかを確認するためにも、口臭が気になったらできるだけ早めに歯科を受診し、相談してみることをおすすめします。

4.虫歯と口臭に関するよくある質問

「虫歯と口臭について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.「生理的口臭」とは何でしょうか?
A.誰にでもある口臭のことで、唾液の分泌量が減少して細菌が増殖することなどが原因です。起床時や空腹時などに臭いを感じることが多いでしょう。生活習慣を改善することでよくなるため、治療の必要はありません。

Q.ストレスが原因で口臭が強くなることもあるのでしょうか?
A.あります。ストレスを感じると唾液の量が少なくなるため、口臭が強くなるのです。

Q.進行した虫歯の場合、自然治癒することはないのでしょうか?
A.ある程度進行した虫歯は、自然治癒することはありません。必ず治療が必要です。

Q.重曹でうがいをすると口臭が軽減できるというのは本当でしょうか?
A.本当です。コップ1杯の水に食品用の重曹を小さじ1杯分入れ、うがいをしてみてください。重曹は弱アルカリ性なので、酸性の状態になっている口の中が中和されて口臭が軽減されます。

Q.毎日歯みがきをしていても虫歯になるのはなぜですか?
A.正しい歯みがきができていない・食生活に問題がある・唾液の分泌量が少ないなどの理由が考えられます。

まとめ

虫歯と口臭の関係や、口臭をなくすための虫歯治療について詳しくご紹介しました。口臭の原因として最も多いのが、虫歯です。虫歯を治療することで口臭が軽減できる可能性は十分あるため、まずは信頼できる歯科に相談してみることをおすすめします。ぜひこの記事を参考にして、虫歯による口臭の悩みを解決してください。