スマホ中毒者に起こりがちな症状

ただの肩こりじゃない?! スマホ中毒者に起こりがちなヤバイ症状に注意

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

近年、電車に乗るとスマートフォンとにらめっこしている人が多いことに気付きます。立っている人、座っている人関わらず、首を大きく前に傾けてうつむいており、客観的に見ると、明らかに首と肩が辛そうに見えてしまうのです。もちろん車内に滞在する時間が長くなるほど暇を持て余しますし、スマートフォンの利用は悪いことではありません。むしろ社会にマッチした有意義なツールと言えるでしょう。しかし、毎日のように首を傾けてスマホを利用する癖は、身体に様々な不調をもたらす可能性があるのです。

01. ただの肩こり?
それとも…

ネットリサーチのディムスドライブが行ったアンケートによると、対象者約7千人のうち、なんと57.1%の人が、スマホの利用が原因で身体に何らかのトラブルを抱えていることが分かりました。そのうち、具体的な身体の不調は以下の結果です。

  • 1位 目のこり・疲れ37.0%
  • 2位 肩こり 25.3%
  • 3位 首のこり 24.3%

眼精疲労や、首肩のこりが目立ちますが、スマホとの関連性が囁かれているストレートネックだと感じる人は2.8%と少ない割合でした。