朝起きたときの肩こり対策 3つのポイント

寝起きの肩こりで悩む方必見! 朝起きたときの肩こり対策 3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

寝ているときに肩こりがつらくて目が覚めるという経験をしたことはありませんか? 朝起きたときにつらい肩こりがあると、憂鬱な気分となり、1日を気持ち良く始めることができません。そこで、この記事では、寝起きに起こる肩こりの原因や対処方法を紹介します。朝起きたときに肩こりがつらいという方はこの記事を参考に対策を取ってください。

01. 寝起きに肩こりを感じるのはなぜ?

そもそも、寝起きに肩こりが起こるのはどのようなことが原因なのでしょうか? 考えられる原因を3つ紹介します。

1-1.枕が合っていないことが原因かも?

寝起きに肩がこっているという場合、枕が合っていないことが考えられます。枕が合っていないと、寝ているときも首や肩が緊張状態となり、朝起きたときに筋肉痛のような症状が起こるのです。また、頭が沈みこんで寝返りが打てず、血流が悪化することにより肩こりになるケースもあります。

1-2.働きすぎて疲労が溜まっていませんか?

働き過ぎによる疲労も肩こりを起こす原因の一つです。慢性的に疲労を抱えていると、自律神経の働きが悪くなり、交感神経が優位な状態が続きます。すると、筋肉が緊張して血流が悪化し、肩こりになってしまうのです。

1-3.寝不足が肩こりの原因になる?

睡眠障害による寝不足が肩こりを引き起こす原因になることもあります。睡眠障害になると、睡眠中も交感神経が活発な状態となり、眠っていても体が休まりません。その結果、筋肉の回復が追いつかず、疲労が蓄積して肩こりが起こります。実際、慢性的に肩こりで悩んでいる人の多くが睡眠障害を抱えているという研究結果もあるのです。