産後の不眠が続く原因とは? メカニズムや改善・治療法など徹底解析

産後の不眠が続く原因とは? メカニズムや改善・治療法など徹底解析

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

母親は、出産後も1日中赤ちゃんのお世話で大変です。産後はゆっくり体を休めたいところですが、やらなければならないことがたくさんありますよね。「産後、ゆっくり眠ることができなくなった」「不眠が続いている」など、産後の不眠に悩まされている方は多いでしょう。不眠が続くほど、心身ともに疲れが残り、体調不良という悪循環に陥ってしまいます。不眠を解消するためには、原因や治療・対処法を把握することが大切です。

そこで、本記事では、不眠の基礎知識から産後の不眠対処法・治療法・予防法などについて説明します。

この記事を読むことで、産後の不眠が続いている原因がわかり、適切な対処法や治療・予防法を知ることができます。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

01. 不眠の基礎知識

不眠・不眠症とは、一体どのような症状なのでしょうか。不眠状態から抜け出すためにも、主な原因や症状などの基礎知識を知ることが大切です。

1-1.不眠・不眠症とは

眠れない・寝つけないという睡眠障害が長く続くことを「不眠」と言います。不眠に当てはまる症状が週3回・1か月以上続く場合は、不眠症の可能性が高いのです。日本では、およそ5人に1人が不眠で悩んでいると言われています。男性よりも女性に多く見られる症状であり、20~30歳ごろに始まるケースがほとんどです。そして、加齢とともに症状が悪化し、中年・老年になると急速に増加します。

1-2.主な原因

不眠症の主な原因は、心理的原因・身体的原因・薬理学的原因・生理学原因の4つがあります。中でも、何らかのストレスに関連した心理的原因が多く見られるのです。過剰なストレスを感じ続けていると、精神病やうつ病のリスクも高まります。そのほかに、病気や症状による身体的原因、服用中の薬やカフェイン・ニコチンなどによる薬理学的原因、睡眠を妨げる環境による生理学原因が考えられるのです。

1-3.主な症状

代表的な不眠の症状は、入眠障害・中途覚醒・早期覚醒・熟眠感欠如の4種類に分類されます。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 入眠障害:寝つきが悪く、30分以上経過しても眠れない
  • 中途覚醒:途中で目が覚めて、なかなか寝つけない
  • 早期覚醒:朝早くに目が覚めてしまう
  • 熟眠感欠如:ぐっすり眠った気がしない

1-4.なりやすい人とは

不眠症になりやすい人の性格に、ある共通点が見られました。完ぺき主義者や心配性・時間に厳しい人・責任感のある人が、不眠症になりやすい傾向があります。なぜなら、相手や自分の発言・行動に敏感で、気にし過ぎてしまう傾向があるからです。良い意味で肩の力を抜くことができないため、常にストレスを感じてしまい、不眠に陥りやすくなります。