姿勢が悪いと言われる人は要注意!健康に与える悪影響について

姿勢が悪いと言われる人は要注意!健康に与える悪影響がたくさん!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

姿勢が悪いと、健康にさまざまな悪影響を及ぼします。
そこで今回は、姿勢が悪いことで健康にどんな影響があるかを詳しく解説した上で、正しい姿勢への直し方をいくつかご紹介しましょう。

01. 姿勢が悪いと健康にこんな影響がある!

姿勢が悪いと、健康にはどのような影響があるのでしょうか。
ここでは、姿勢が悪いことで現れる主な症状を3つご紹介します。

1-1.肩こりや腰痛を引き起こす

姿勢が悪いと、体のさまざまな部分に余分な負担がかかります。
特に、肩や腰に大きな負担がかかることで、肩こりや腰痛の原因になることは、ご存じの人も多いでしょう。
姿勢が悪い状態がずっと続くと、肩こりや腰痛も慢性化し、さらに悪化するので気を付けてください。
しかし、姿勢を直すことで肩こりや腰痛が改善される可能性が高くなりますよ。

1-2.消化不良や肥満の原因になる

姿勢が悪いと、内蔵に負担がかかり正常な働きを妨げるので、消化不良の原因になります。
胸やけを起こしたり、気分が悪くなったりするでしょう。
また、消化がきちんと行われないことに加え、エネルギー代謝も落ちるので、太りやすくなります。
また、便秘になる人もいるでしょう。
このように、肥満の原因ともなるのが、姿勢が悪いことのデメリットなのです。

1-3. 血行不良による冷え性や睡眠障害を引き起こす

姿勢が悪いと、血行も悪くなります。
血行不良は、冷え性の大きな原因となることを覚えておきましょう。
猫背の人に冷え性が多いのは、血行不良を招いているせいなのです。
また、血行不良は良質な睡眠を妨げますから、睡眠障害に悩む可能性もあるでしょう。
普段の姿勢の悪さが、睡眠障害の原因になることも、ぜひ覚えておいてください。