筋肉疲労の予防と回復方法

筋肉疲労のメカニズムとは?筋肉疲労の予防と6つの回復方法をご紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

筋肉疲労という言葉をご存じでしょうか?
運動不足の人が急に運動して、翌日から筋肉が痛くなる筋肉痛も筋肉疲労です。ただの筋肉疲労だと放っておくと、体にさまざまな体調不良を引き起こす原因になります。ひどいケースではぎっくり腰や手術が必要な病気になることもあるのです。
そこでこの記事では、筋肉疲労のメカニズムについてご紹介します。筋肉疲労を予防・回復する方法もご案内しますので、ぜひ試してみてください。

01. 筋肉疲労のメカニズム

筋肉疲労とはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?

1-1.筋肉疲労とは?

体は、激しい運動や同じ姿勢で、長時間筋肉を酷使することで、血液の循環が悪くなります。筋肉疲労とは、筋肉内に溜(た)まった、疲労物質が神経を刺激し、痛みを感じる状態のことです。

1-2.筋肉が疲労すると現れる症状

筋肉が疲労すると筋筋膜痛症候群(きんきんまくつうしょうこうぐん)という症状を引き起こします。
筋筋膜痛症候群 (きんきんまくつうしょうこうぐん) は、筋肉疲労の痛みの総称です。 筋肉のコリが激しくなり痛みを伴う症状で、一般的な腰痛・肩こりも 筋筋膜痛症候群の一種になります。激しいコリや張りが慢性化すると、椎間板ヘルニアやぎっくり腰になる可能性もあり危険です。

1-3.筋肉が疲労するとなぜ痛みが起こるのか?

一般的によく言われる筋肉疲労の原因に、「乳酸」説があります。筋肉を酷使すると、筋肉内に「乳酸」が溜(た)まり、本来中性である筋肉が酸性になることで痛みを引き起こすとされる説です。
しかし、最近の研究では、乳酸は筋肉の疲労を回復する物質であり、疲労物質ではないという考え方が主流になりました。疲労した筋肉に乳酸が溜(た)まるのは事実ですが、溜(た)まった乳酸は、ほとんど体の中で消費され、筋肉中には残らないのです。
乳酸は、筋肉が疲労する物質ではなく、むしろ、回復する物質であることが証明されています。

筋肉疲労は、

  • 筋肉が伸縮することで、筋に小さな断裂が起こり筋肉が傷む
  • 激しい運動で筋繊維が壊れる
  • 筋肉の縮みやこわばり

などで引き起こります。痛みが起こる原因は人それぞれ違い、原因に合った対策を行うことが大切です。