運転中に追突された場合の対応方法

追突事故にあったらどうする? 運転中に追突された場合の対応方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

車の運転中、どんなに注意していても避けられないのが後続車からの追突事故です。後ろから追突されてしまったとき、どのように対応するべきか把握していますか? 交通事故後の対応を誤ると、保険が降りなかったり、加害者からの賠償金を受け取れなかったりする場合もあります。そこで、この記事では、追突された場合の対応方法を紹介しましょう。この記事を読むことで、いざというときも適切な対応ができるはずです。

01. 追突事故にあった直後の対応は?

追突事故にあった直後の対応の仕方について解説します。対応を間違えると思わぬ損をすることもあるため、しっかりと把握しておきましょう。

1-1.まずは警察に連絡をすること

事故にあったら、まずは必ず警察に連絡してください。被害が小さいからと警察を呼ばずに済ませると、あとで体の不調や車の破損に気付いたとしても保険の対応外となる恐れがあります。警察に連絡する際は、先に現住所を把握してから連絡するとスムーズです。警察の立会いのもと、実況見分が行われます。被害にあったときの状況などをできるだけ詳しく伝えてください。

1-2.加害者と加害車両の情報を確認しておく

交通事故の被害にあった場合、加害者に対して損害賠償を請求できます。加害者の氏名・住所・連絡先・車のナンバー・保険会社などを確認しましょう。目撃者がいる場合は、目撃者の氏名・住所も聞いておいてください。

1-3.加入している保険会社へ連絡をする

基本的に、保険会社とのやりとりをするのは加害者です。しかし、場合によっては、ご自身が加入している『人身傷害補償特約』や『弁護士費用等補償特約』を利用することがあります。そのため、ご自身がご加入中の保険会社にも連絡を入れてください。

1-4.自動車ディーラーへも連絡を入れる

車の修理が必要な場合は、自動車ディーラーへも連絡を入れてください。修理代の見積もりを出してもらい、加害者の保険会社に伝えます。代車を使用するは、台車代も請求することが可能です。