カビアレルギーの怖さ

カビアレルギーの怖さとは!?症状や治療方法と共に紹介しましょう。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

カビ(真菌)は、私たちの身近にたくさん存在している菌の一種です。カビにはたくさんの種類があり、人間の生活に役立つものもあれば、病気の原因になるものもあります。近年では、カビが原因でアレルギーを発症する方も増え、住宅のカビ対策が重要になってきているのです。

そこで、今回はカビが原因で発症するアレルギーの症状や治療方法・予防方法などをご紹介しましょう。

この記事を読めば、カビアレルギーの症状や発症しやすい方、治療の方法などが分かりますよ。カビアレルギーに悩んでいる方や、自分がカビアレルギーではないか、と考えている方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. アレルギーの基礎知識

はじめに、アレルギーの定義や症状・原因などアレルギーの基礎知識をご紹介します。アレルギーはなぜ発症するのでしょうか?

1-1.アレルギーとは

アレルギーとは、特定の物質に対する免疫の過剰反応です。免疫とは、体に侵入してきたウィルスや細菌など有害物質を退治する機能であり、健康な生活をおくるためには欠かせません。そんな免疫機能の一つに、獲得免疫(えとくめんえき)というものがあります。獲徳免疫内のIgEという抗体が増えすぎてしまうと、無害な物質にも体が過剰に反応するようになってしまうのです。そのため、特定の物質が体内に入ると体はそれを体外へ排出しようとして、激しい咳やくしゃみ・涙などが出ます。鼻やのどの粘膜が腫れ上がることもあるでしょう。皮膚に付着した場合は、皮膚がかぶれることもあります。

1-2.アレルギーの原因

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンといいます。よく知られているのは小麦や卵などの食品・杉やヒノキの花粉・ハウスダストなどです。金属でもアレルギーが発症することもあります。アレルギーがいつ、どのように発生するかは分かりません。花粉症などは、前年度までは平気だったのに、ある年突然発症することも珍しくないのです。

1-3.アレルギーの患者は増加傾向にある?

昔に比べると、現在はアレルギーを持っている方が増えたと感じる方もいるでしょう。しかし、アレルギー自体は昔からありました。体調を崩す原因がアレルギーだったと分からないケースが多かったというだけです。現在は医学が発達し、血液検査でアレルギーかどうかがすぐに分かるようになったため、アレルギーを持っている方が増えているように感じられるのでしょう。その一方で、花粉症やカビアレルギーは実際に患者数が増加しています。これは、アレルゲンとなる杉やヒノキの花粉やカビが増加しているからです。では、なぜカビは増加しているのでしょうか? それを次の項で詳しくご紹介します。