ストレッチの効果を高めるポイントを紹介! 悩みに合ったやり方とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

ストレッチにはどのくらいの効果があるかご存じでしょうか? 体の柔軟性を高めたいときやダイエットをするときなどに、ストレッチをする人は多いと思います。スポーツ前に行うことでケガを予防することにもつながるストレッチですが、どのような種類や方法があるのか知らない人は多いでしょう。リラックス効果や疲労回復効果も期待できるため、ぜひ毎日の習慣として取り入れてみてください。この記事では、ストレッチの種類や効果・方法などをまとめてご紹介します。

この記事を読むことで、ストレッチの効果について詳しくわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

01. ストレッチについて

まずは、ストレッチの歴史や種類などをご紹介します。

1-1.ストレッチとは?

ストレッチとは、筋肉を伸ばして柔軟性を高めることをいいます。ストレッチという言葉が生まれたのは1960年ごろのことです。アメリカで発表されたスポーツ論文の中で使われたのが最初で、現在も広く用いられています。ストレッチにはさまざまな種類のものがあり、目的に合った方法で行うことで優れた効果を期待できるでしょう。

1-2.種類

ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」があります。反動をつけずに止まったままの姿勢で行うのが「静的ストレッチ」で、柔軟性が低下した筋肉をじっくり伸ばすものです。一方の「動的ストレッチ」は動きを伴うストレッチで、同時に複数箇所の筋肉に効きます。

  • スタティック(静的)ストレッチ:ごく一般的なストレッチ。反動をつけずにゆっくりと行う。運動後のクールダウンや就寝前に向く
  • バリスティックストレッチ:反動をつけて行うストレッチ。柔軟性をより高める効果がある
  • ダイナミック(動的)ストレッチ:体をリズミカルでダイナミックに動かすストレッチ。複数の筋肉を同時に使うことで血流の促進をはかる。運動前の準備体操に向く
  • PNFストレッチ:パートナーが力を加えたものに対抗して力を入れるストレッチ。専門的知識が必要

1-3.どんな場合に必要か?

ストレッチの目的は、筋肉の柔軟性を高めることにあります。そのため、筋肉を柔らかくする必要がある場面では、ストレッチをするべきでしょう。たとえば、運動前に動的ストレッチを行うことで体が柔らかくなるため、ケガを防止できます。また、筋肉が柔らかくなると血流がよくなるため、肩こりや便秘の改善にも効果的です。そのほかにも、体を柔らかくすることにはさまざまなメリットがあります。冷えやむくみの解消にも効果があるため、ダイエットしたい人にもおすすめです。