風呂で寝るのは危険! 原因や正しい対策法などをご紹介

【必見】風呂で寝るのは危険! 原因や正しい対策法などをご紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「入浴中によく眠気がやってくる」「浴槽の中で寝てしまうことが増えた」などに当てはまる方は、非常に危険です。風呂に入ると眠くなる現象は、普通の眠気とまったく異なります。風呂の中で寝ることは、死につながる危険があるため注意が必要です。実際に、入浴中の死亡者は、年間1万4,000人と言われています。入浴中の事故を防ぐためにも、眠くなる原因を突き止めなければなりません。そこで、本記事では、風呂で寝る原因や危険性・対策法などについて説明します。

この記事を読むことで、風呂で寝る原因を知ることができ、適切な対策法が実践できます。風呂で寝てしまうことが多いという方は、ぜひ参考にしてください。

01. 風呂で寝る原因とは?

湯船につかると眠たくなる・風呂で寝ることが多くなったなどの状態は、注意すべきことです。放置すれば、意識がないまま湯船の中にもぐってしまい溺れ死ぬ可能性があります。風呂で寝ることのないように、原因などをチェックしておきましょう。

1-1.眠くなる原因とは

風呂で眠くなるのは、一体何が原因なのでしょうか。考えられる原因をいくつかピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

1-1-1.血圧の低下

1番に考えられるのは、血圧の低下です。湯船につかると体が温まり、同時に血管が拡張します。血管が拡張すれば血圧が下がり、脳に十分な血液が回らなくなるのです。脳が血液不足状態に陥ってしまうと、意識障害が起こり、眠くなるという流れになります。特に、高血圧の方は血圧が急激に低下するため、失神するリスクも高まるでしょう。

1-1-2.血圧低下によるリラックス状態

湯船につかる時間が、1番のリラックスタイムとなっている方は多いでしょう。しかし、血圧の急激な低下によるリラックス状態は非常に危険です。一般的な睡眠は、筋肉の緊張がほどよくほぐれ、脳が睡眠物質であるメラトニンを分泌しています。けれども、血圧低下によるリラックス状態は、意識障害の始まりです。立ちくらみと同じように気持ちよくなるからこそ、眠気がやってきます。入浴中の眠気と一般的な眠気は異なるものであることを、覚えておきましょう。

1-1-3.熱過ぎる湯温

湯の温度が熱過ぎるのも、入浴中に寝る原因の1つです。急激に体が温まるため、血管が広がるスピードも速まります。そのため、血圧が下がりやすくなるのです。42℃以上の湯につかったときは、血圧が上昇しやすい傾向があるので気をつけてください。

1-2.寝てしまうのはいいか、悪いか

「気持ちいいから寝るのは仕方がない」「寝ても気をつけておけば問題ない」と、甘く考えてはいけません。寝てしまうのはいいか、それとも悪いのか、説明します。

1-2-1.疲れとの関係

体が疲れていると自律神経の交感神経が活性化し、自律神経が乱れます。自律神経が乱れているときに、誤った入浴をすれば、めまいがずっと続き、起き上がれないほどひどくなる恐れもあるのです。入浴中の眠気は、疲れが大きく関係している可能性があります。疲れが癒(い)えるかどうかは、入浴の方法がポイントになるでしょう。

1-2-2.高齢者について

高齢者の場合は、特に気をつけておかなければなりません。寒くなる冬場は、冷えた体と湯船の温度差が激しくなり、血管が広がりやすく血圧が下がりやすくなります。実際に、1人暮らしの高齢者が湯船の中で寝てしまい、そのままおぼれて亡くなったケースも起きているようです。さらに、脱衣所との温度差によるヒートショックにも注意してください。脳の血流が低下して、脳梗塞・心臓発作を起こすリスクが高まります。