耳の奥が痛い

耳の奥が痛い!その原因と対処法は? 耳の痛みを感じる方は必見!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

風邪をひいた時や疲れている時などに耳の奥に痛みを感じたことがある方は多いと思います。耳はデリケートな器官なので、痛みを感じること自体は珍しくありません。しかし、中には病院で治療が必要なこともあります。そこで、今回は耳の奥が痛い時の原因や対処法をご紹介しましょう。

安静にして痛みが治まるまで待っていればよいケースとすぐに病院を受診した方がよいケースの見分けがつけば、いざという時に役立ちます。耳の痛みをよく感じるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 耳の奥が痛くなる
原因は?

はじめに、耳の奥が痛くなる代表的な原因をご紹介します。病気の他にも意外な理由があるのです。

1-1.耳掃除のし過ぎ

耳掃除が好きという方は珍しくありません。中には、1日何回も行う方もいるでしょう。しかし、いくら柔らかい綿棒を使っても耳掃除のやりすぎは耳の内部を傷つけてしまいます。また、耳掃除をする道具の衛生環境も要注意! 不潔ですと、そこから耳の傷に雑菌が入って外耳炎を引き起こすこともあります。

1-2.ストレス

強いストレスを感じると、人の体は攻撃を受けたと感じて全身の筋肉を硬くします。すると、血行が悪くなって肩や首のコリがひどくなることもあるのです。ストレスを受け続けると肩や首だけでなくあごの筋肉まで緊張し、耳に繋がる神経を圧迫します。これが、耳の痛みの原因となることもあるのです。

1-3.リンパ節の腫れ

首や耳の周りには、複数のリンパ節が通っています。何らかの理由でリンパ節が腫れると、耳の奥に痛みを覚えることがあるのです。風邪やインフルエンザをはじめとする感染症にかかると、リンパ節が腫れるケースがあります。また、耳の後ろを通っている耳下腺(じかせん)が腫れても、耳の奥に痛みを感じるケースがあるのです。

1-4.気圧の変化

気圧が変化すると鼓膜に違和感を覚える方もいるでしょう。鼓膜は内側は閉じているので、気圧の変化についていけずに違和感や痛みを覚えることがあります。飛行機に乗っている場合は要注意です。子どもや赤ちゃんが飛行機の離発着の際に泣きだしやすいのは、この気圧の変化が原因のケースもあります。

1-5.病気

中耳炎をはじめとする内耳の病気を発症すると、耳の奥に痛みを覚えます。どのような病気があるのかは、次の項で詳しくご紹介しましょう。