肩や背中の痛みと筋肉疲労

肩や背中の痛みは筋肉疲労の症状? 疲労を早く回復させる方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

運動している人はもちろん、たまに体を動かすだけでも、筋肉疲労を感じることがありますよね。首や肩筋が痛いといった症状から始まり、背中の筋肉に痛みを感じる場合もあるでしょう。

そこでこの記事では、筋肉疲労と回復について紹介します。筋肉疲労が回復するコツを知り、治療すべき症状も覚えておいてください。また、筋肉疲労は運動だけが原因ではないことも、この記事を読むことで理解できるでしょう。

筋肉疲労は誰でも起こります。早く回復するためのポイントなどを知っておき、予防にも生かしましょう誤った方法でかえって悪くならないように、この記事を参考にしてください。

01. 筋肉疲労とは? 

そもそも筋肉疲労はなぜ起こるのかを考えたことはありますか? 筋肉の使いすぎ、激しいスポーツをしたからといった理由なら、すぐに思い浮かぶでしょう。筋肉疲労は、運動以外でも起こる可能性があります。

1-1.筋肉疲労の症状

筋肉疲労の症状は、人によって現れ方がさまざまです。ズキズキした痛みや重くだるい痛みなど、中には長引くケースもあります。出現部位は首や背中を中心に腰まで広がり、全身に疲労感をもたらすのです。

  • 首が凝る
  • 肩筋が痛い
  • 背中の筋肉に痛みを感じる
  • 腰痛

筋肉疲労は筋肉の炎症によるものです。筋肉が損傷を受け、腫れやむくみなども起こします。

1-2.筋肉疲労が起こるメカニズム

筋肉疲労が起こるのは、筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積されるからだという説があります。本来、筋収縮で酸素がきちん供給されるべきところ、体内のブドウ糖が燃焼されずに残り、乳酸として筋肉内に溜(た)まるのです。

もう1つささやかれている、「乳酸が疲労物質ではない」という説があるのをご存じでしょうか? ヒスタミンやセロトニンといった痛み物質が、筋膜に痛みを感じるよう働きかけていることが、筋肉疲労の原因となっているというものです。

1-3.筋肉疲労の主な原因は? 

筋肉疲労の原因となるのは、肉体的な要因と精神的な要因があります。肉体的要因は、運動・長時間同じ姿勢を続ける・重たいものを持ち上げるなど、負担が大きい動作です。

精神的要因は、ストレスや人間関係による悩みといったものがあります。筋肉疲労以外にも、自律神経の乱れによって胃腸の不調やだるさといったものが現れるのが、精神的要因で起こる筋肉疲労の特徴でしょう。

1-4.筋肉疲労の種類

先にも述べたように、筋肉疲労には2種類あります。また、痛みが慢性化した場合、血流停滞やリンパの流れを圧迫し、慢性筋肉疲労へと発展するでしょう。筋肉が硬直し、栄養がきちんと行き渡らなくなります。従って、ほかの病気を招きやすいです。

精神不安は軽視せず、ストレスを発散するようにしてください。自律神経失調症といった症状に陥り、より治りにくくなってしまいます。悩みやストレスがある人は気分が沈み、背中を丸める姿勢になりがちです。背中や肩筋が痛いのは、姿勢の悪化が影響しています。背中の筋肉をほぐすストレッチや軽いトレーニングを、日常生活にも取り入れてください。

1-5.どんな人が筋肉疲労を起こしやすいのか? 

普段あまり体を動かさない人は、急な動作で筋肉疲労を起こします。また、毛細血管が細めな人も血流が滞(とどこお)りやすく、注意が必要です。体質として、乳酸が蓄積しやすい人もいます。もともと筋力が弱い方も、筋肉に炎症を起こすリスクが高いです。

1-6.筋肉疲労を放置したらどうなる? 

血流停滞により、筋肉内部が酸性に傾きます。疲労物質が排出されないまま、体内に留(とど)まって悪影響を及ぼすのです。体内が酸性状態が続いた場合、さまざまな疾患を招きやすいため、筋肉疲労だけだから大丈夫と軽視せず、早く回復するよう促すようにしましょう。